スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.-- / コメント:: - / PageTop↑


とある飛空士への恋歌 第2巻 感想
カテゴリ: ライトノベル
先日買っていた「とある飛空士への恋歌2」を読ませてもらいました。

とある飛空士への恋歌 2 (ガガガ文庫)全体的な感想としてはすごい読みやすい作品だなと思いました

また主人公とその義妹、そして因縁のある一人の少女。

主要キャラクターの心情がすごくうまく伝わってきました

1巻では内容が主人公の生い立ちみたいな伏線が主だったのでこれは外れかなと思っていたんですがこの2巻を読むとあの伏線に納得しました。

何気なく買ってみた本でしたがほんとうに買ってよかったなと思えます。

ぜひ皆さんも書店に立ち寄ったら1巻からとある飛空士への恋歌を買ってみてください。

3巻が非常に楽しみです。

それと前作のとある飛空士への追憶というのがあるんでこれもぜひ読みたいとKJは思ってます。

次本屋に行ったら買ってこよう!!

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)




スポンサーサイト
2009.08.15 / コメント:: 2 / PageTop↑


ライトノベルとは?
カテゴリ: ライトノベル
そもそもライトノベルとは定義がありません。

簡単に言うとライトノベルとは、名前の通り軽い小説見たいなものです。

普通の小説よりも挿絵があり、文章が非常に読みやすく、おもしろい内容のものばかりです。漫画を読むような感覚で読むことができます。

自分は本全般が好きですが。『まったく本・小説を読んだことがない。』『難しそう。』、とか思う方にも、オススメです。

試しに読んでみたらきっと好きになれると思います。

読んだことがない人もこの記事を機会に読んでくれるとうれしいです。


ちなみに今の定義といわれているものは下記のような非常に曖昧なものです。

・作者がライトノベルだといったらライトノベル
・出版社がライトノベルを出しているところだったらライトノベル
・アニメ風のイラストがあったらライトノベル




2008.12.25 / コメント:: 0 / PageTop↑


メインメニュー
メニュー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。